瀬田さん家

日々つらつら、趣味とか独り言をグダグダとチラシの裏がわりに書くとか書かないとか。うん、いや書こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君の名は。感想

お疲れ様です。

『君の名は。』 を見てきました。

映画の感想とその後に思ったことを忘れないうちに書いておきます。


「君の名は。」の公式サイトを開くと、以下の文。

 「INTRODUCTION」 ~アニメーション映画の新時代、到来 この夏、日本中が恋をする~













正直、私には、こっ恥ずかしい。

こんなキャッチコピーを知らずに、
会社の飲み会で「明日見に行くんスよ~」とか言っていた自分を張り倒したいくらい恥ずかしい。

でも、見に行きました。

はい、良かったですよ。面白かったですよ。参りましたよ。

見ている最中は何度も興奮したし、笑ったし、ショックを受けたし、
最後は自分の家だったら「新海誠ォ!!」って叫ぶくらい嬉しかったですよ。

テッシーとさやちんのやり取りみているだけでニヤっとしてしまうし、
胸を揉むシーンは何度見ても笑ってしまうし、
二人の入れ替わり生活のシーンでRADWIMPSの 疾走感のある 曲が流れるあたりなんてもう最っ高。
彗星?は?は??まちが???は???って本気でショックを受けたり、
"初めて"会った瀧くんと三葉の甘酸っぺぇやり取りや
「おっぱいは1回しか揉んでない」と嘘をつく瀧くんとか
名前書くって言ったのに、告白しているだけの瀧くんとか
それを見て、笑ってから、走り出す三葉とか
最後に出会えた二人とかもう盛りだくさん。
本当に感情を揺さぶってくる作品でした。

特に、出会い(?)は、彗星に対抗するための能力だったし、
別れもその能力によるものだったけれど、
最終的にそれらを打ち破ったのは、
「三葉が瀧くんに会いに行ったこと」
「瀧くんが三葉の組紐を持ち続けたこと」
「瀧くんが三葉を迎えにいったこと」
っていう能力に頼らない普通の人としての行動だったっていうのが痛快でしたね。

もう最高にロックだよね!

先に言うと、もう一回見に行きます。



ただ、この映画はラブストーリーだったのか? この夏、日本中が恋をするのか?っていうと、ちょっとピンと来なかったです。

確かに、主人公二人の関係は入れ替わりから始まった「恋」だったと思います。
ただこの映画のもうちょっと広義的な意味なんじゃないのって思うんですよ。

作中に何度も出てくる「ムスビ」というキーワードは、個人とモノのつながり、人とのつながり、世界、時間とかなり広義にかかれていますが、
今回は、とりわけ人との影響しあう関係とかそういった面を私は強く感じました。

入れ替わった当人たちはもちろん、
奥山先輩が瀧くんとデートにいったことや
三葉のクラスメイトとか
テッシーが"オープンカフェ"作ったことなんかが象徴的だったなぁと。

これはアニメ、ファンタジー、フィクションだからここまで劇的ですけれど、
実際の人間関係も異分子が入ることで関係が変わることは良くも悪くもあるなぁって。

後は記憶の話ですね。

どんなに強く思っていても、その時強烈なインパクトを残しても
一人で覚えていようとしても忘れてしまうこと。

モノや文章をどこかに残したり、誰かに言葉で伝えたり、
そういったムスビを残していくと、ふとしたきっかけで思い出せたりすること。

この辺りが自分的にピンときたときに、
とりあえず、この映画を見たときに感じた面白さや熱さや感動は忘れたくないな、誰かに伝えておきたいなぁと思いました。

だから、ムスビとなるように、この文章を書きました。

この面白さや熱を私が忘れかけたときに、
この拙い文章であったり、この文章を読んだ物好きな人であったり、この文章を読んでなくても映画見た人と会って、
また思い出したいです。

こういう気持ちを持たせてくれて、行動させてくれて、
そういった意味でもこの映画には感謝しかないです。

いい映画でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/12(月) 22:11:20|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 02 感想 | ホーム | ガールズ&パンツァー劇場版感想(ネタバレあり)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://setayan.blog75.fc2.com/tb.php/10-02457e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せたやん

Author:せたやん
適当にのんびり穴掘っていきたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
アイマス (9)
アニメ・漫画 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。