瀬田さん家

日々つらつら、趣味とか独り言をグダグダとチラシの裏がわりに書くとか書かないとか。うん、いや書こう。

WONDERFUL M@GIC!! ~魔法についての考察~

お疲れ様です。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!! を参加してきました。
感じたことをちょっとまとめます。

まずは、シンデレラガールズとして単独ライブおめでとうございます。

一日目は舞浜アンフィシアターの現地、
二日目は日本橋でライブビューイングで参加しました。

一言で表すと、とても楽しかったです。
終わった直後は「良いライブだった」という感想しかでてこない。
満足感しかないライブでした。
(なんのひねりもないですが)

■会場の話
会場はアンフィシアターということでキャパはやはり小さいです。
ただその分、密度が濃かったです。
一曲目の「お願いシンデレラ!」が始まったとき、音の塊に飲まれる感じはとても心地良かったです。
キャストとの距離も近く、コールをはじめとした会場の一体感はこの会場ならではだと思います。

また二日目のライブビューイングも始まる前はBGMにコールいれているの自分と友人くらいで盛り上がるかなと不安でしたが、
始まればそんなことはなかったですね。
終始、会場と同じくらいの温度で盛り上がっていたと思います。
またTwilight Skyのサイリウムの再現も自然と起こっていて、ちょっと胸熱でした。
終演後もみんなで「○○に投票お願いします」とか「フェスでお前らのことぶっ潰す」とか騒いで、
「お疲れ様でしたー!」「やみのまー」のやりとりなんかして、この辺りも楽しかったです。

■曲の話

曲もパフォーマンスもどれも最高でした。書ききれないです。

その中でもピックアップすると、「Orange Sapphire」、「Twilight Sky」、「Nation Blue」、「輝く世界の魔法」です。

Orange Sapphireは熱さあり、可愛さありのPassionを表現した名曲だと思います。
冒頭の「ワン ツー サン ハイ!!」の「ハイ!!」の部分でUO折るの楽しいのでお勧めです。
あとは細かいこといいので騒ぎます→楽しい!!v('ω'=='ω')v

Twilight Skyは青木さんのエンターテイメント精神あふれるパフォーマンスよかったです。
二日目のラストをじっくり歌うのも胸が熱くなりました。

青木さんを通して見た多田李衣菜はめちゃくちゃロックでかっこいいアイドルでした。

Twilight Skyといえば、サイリウム企画は大成功でしたね。
企画者の皆様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
あの「空」に参加できて、とても嬉しかったです。

Nation Blueは曲も歌詞も大好きで、一日目二日目もみんなかっこ良く歌い上げてくれました。
ラスサビ直前の胸を叩く振り付けはSSAでもやってましたが、本当に痺れる。

輝く世界の魔法は、今回のライブを通しておそらく私の中で一番株が上がった曲です。
もっというと、ライブが終わった後にとてもいい歌だとしみじみと感じました。

ライブでは全員で歌ってくれて、
歌やダンス、会場の雰囲気それらがとてもよかったというのもありました。

歌詞が物凄く、ガールズの話とシンクロしていて、
その歌詞に説得力が湧いたというか、実体を持ったというか、
とにかく攻撃力がものすごい上がったんですよ。

■ガールズの話

ガールズが出演している各ラジオも聞いていなかったし、
イベントに参加にしてきたわけではなく、
正直私はあまりシンデレラガールズのキャストの皆さんのことを知りませんでした。
なんとなく今売れっこの、売り出し中の声優さんが多いんだろうなと漠然と思ってました。

だから、終焉前の挨拶や終演後のブログ、ツイッターなどを見たり、聞いたりして、びっくりしました。

歌もダンスも大好きになったという山本さんの話であったり、
人見知りで、レッスン上でも中々馴染めなかったという松嵜さんの話であったり、
佳村さんの歌が苦手だったけれど、今は柏木さんのブログの過去記事であったり、
五十嵐さんが8thの大阪で「今回はゲストという扱いだけれど、いつかシンデレラでライブやりたい」という野望を話していたことを思い出したりしました。

みんながみんな順調に来たわけではなく、
色々を乗り越えて、自分自身が変わって、あの舞台に立った人たちだったんだと。
#人生ですからね、辛いことがないはずはないんですがね
 そういうのギャップを強く意識したって話です。

■魔法は解けたのか。

ゲームやライブのコンセプトであるシンデレラに合わせて
ライブの終わりを「魔法が解ける時間がきた」と表現していましたが、
本当に魔法は解けたのでしょうか。

個人的にはそうは思いません。
私が見たステージは魔法ではなく、実体のある現実であったし、
ガールズの皆さんがこれまで努力したり、その中で自身が変わったりしたこともまた事実、現実だと思います。

そんなことを考えていると、
「輝く世界の魔法」のCメロの歌詞「ねぇいくつ時間がたっても」からの部分が
自分の中でティンときます。

この歌詞が「変わったことは魔法ではなく、現実であること」を意識させてくれるし、
またキャストの皆の姿がこの歌詞に力を持たせてくれる。
そう感じています。

こうした理由で、
私は「輝く世界の魔法」も、ガールズの皆も、シンデレラガールズももっと好きになりました。

ここまで偉そうに、当たり前のようなことをだらだら書き続けましたが、
とにかく今回の胸にズドンときたんですよ!!
そのことをわかってくれよ!!という気持ちでいっぱいです。

あとちょっと話変わるけれど、
大橋さんが最後に「アイマスですよ!アイマス」ってやってくれた時に
765の今後の展開とか
ミリオンライブ!がこれからどうやって成長していくんだ!とかいう類の不安とかそういうのから
全部、もう全部が開放されたんだよ!!!
その辺も伝われ!!

最後に繰り返しになってしまいますが、
「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」最高でした!ありがとうございました!!
スポンサーサイト
  1. 2014/04/19(土) 23:30:22|
  2. アイマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!感想 -律子編- | ホーム | THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!感想 -千早編->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://setayan.blog75.fc2.com/tb.php/4-6aa0ab4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せたやん

Author:せたやん
適当にのんびり穴掘っていきたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
アイマス (10)
アニメ・漫画 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード